驚きの増毛・育毛方法

New Entry
驚きの増毛・育毛方法

私は現在42歳の男性であるが/42歳男性

私は現在42歳の男性であるが、頭髪に関しては毛自体が細くなり、毛髪量が減ってきたのか髪の毛が寝てしまい、いくら髪が伸びてもボリューム感が出ないなどの状態である。
おまけに、おでこの剃り込み部分が後退していく、いわゆるM字ハゲの兆候が出始めた始末である。このように、私の毛髪状態は大変危機的と言わざるを得ないのであるが、起死回生を目論んだ作戦を実行中なのである。
現在のところ、あまり「驚きの効果」は出ていないのではあるものの、髪のボリューム感は出てきたように感じている。では、どうやっているのかをお話するとしよう。まず、頭髪のケアであり、石鹸を使用して頭皮の油をよく落とすのである。女性の化粧落としのクレンジングなども使用して、まずは頭皮対策である。そして次は、トリートメントにより、髪の保護を徹底する。仕上げは自然乾燥で、ドライヤーは使わない。たったこれだけである。
魔法の毛生え薬はないのであるが、髪をいたわり大切にするだけで、随分違うものなのである。

男性には男性特有の悩みがあり / 29歳 男性

男性には男性特有の悩みがあり、その一番のものはやはり加齢に伴う、髪の毛の減少ではないでしょうか。
これは勿論、今に始まったことではなく、江戸時代にも男性向け育毛法を書いた本が出版されています。当時の人は髷を結わなければならず、髪の毛がなくなるということは、それができなくなるということ。ですから、頭髪問題は現代以上の死活問題でもあったということです。

では、当時の書籍を紐解き、果たしてどのようなことが書かれているのか、見ていきましょう。江戸時代は、世界的に見てもまさに究極の平和時代で、庶民の文化が多種多様に花開きました。
その中では様々な輸入品の売買も行われていて、オランダ直輸入の草花から加工した薬を、頭皮に塗るということも文献に書かれています。外国から輸入した育毛剤というのは、現代でも大きな需要があります。
しかし、それはお金を持っている人にしかできません。
一番お金がかからない方法も書かれています。それは何と、頭を丸めること。一度スキンヘッドになって、頭皮についたフケなどの汚れを徹底的に落とせば、次からは髪の毛が雨後のタケノコのように伸びるとあります。確かに現代の育毛ケアでも、頭皮の汚れを除去することが重点的に行われていますから、案外効果はあるかもしれません。